現在の口コミ数 3111
登録サイト数 1182

生活・仕事 > 生活雑貨 > 台所用品 > 砥石の常識が覆る+ロールシュライファー2

砥石の常識が覆る+ロールシュライファー2

閲覧数:52回
公式サイトへ
評価項目 評価基準
満足度 総合的な満足度
価格 価格への満足度
サポート その後の対応
リピート また利用したいと思う度合い
0.00
満足度:0.00|価格:0.00|サポート:0.00|リピート:0.00|

口コミ数

0

満足度

星5つ
(0)
星4つ
(0)
星3つ
(0)
星2つ
(0)
星1つ
(0)

価格

星5つ
(0)
星4つ
(0)
星3つ
(0)
星2つ
(0)
星1つ
(0)

サポート

星5つ
(0)
星4つ
(0)
星3つ
(0)
星2つ
(0)
星1つ
(0)

リピート

星5つ
(0)
星4つ
(0)
星3つ
(0)
星2つ
(0)
星1つ
(0)

レビュアー分布

男性

30代以下
(0)
40代
(0)
50代
(0)
60代
(0)
70代以上
(0)

女性

30代以下
(0)
40代
(0)
50代
(0)
60代
(0)
70代以上
(0)

商品について

砥石は難しいという常識が覆る。
「転がす砥石」で、本格的な切れ味を簡単に。 ロールシュライファー2

星付きシェフが愛用する ドイツ発「第3の研ぎ器」

ROLLSCHLEIFER(ロールシュライファー)は、精巧で厳格なモノづくりで知られるドイツが生んだ、砥石でもシャープナーでもない、全く新しい「第3の研ぎ器」です。

「研ぎ器が必要なのではなく、鋭く切れる包丁(ナイフ)が必要だ。」

この原則に従って、料理好きのあなた(趣味)とプロの料理人(一流の切れ味)の両方の要求を満たすために、ROLLSCHLEIFER(ロールシュライファー)は開発されました。

従来のシャープナーや砥石は、ほとんどの場合、研ぎ器側を固定し、「包丁を動かすことによって」研ぐため、グラグラしたり、長年の経験が必要だったり、一定の角度を保って刃を「均一」に研ぐことが 非常に難しいです。

一方、ROLLSCHLEIFER(ロールシュライファー)は、包丁側を固定し、「研ぎ器(グリップローラー)を動かすことによって」研ぎます。包丁自体に角度がついて固定されるので、誰もが簡単に「均一」に研げます。

タグ

キッチン

商品画像

「砥石の常識が覆る+ロールシュライファー2」への口コミ

あなたの口コミ情報をお待ちしております。どなたでもご自由に投稿可能です。
※口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。一つの参考として御覧ください。


口コミはありません

〈PR〉


お知らせ

  • 気になった商品や話題を募集しております。
    お気軽にお問い合わせください。